リバイタラッシュのあの噂は嘘

根拠の無い情報にも注意が必要

リバイタラッシュには、少し前まである怖い噂がありました。それは、使用し続けることで失明するという、かなり物騒な内容です。これ、本当だとかなり怖いですが、やはりと言うかなんと言うか、まったくの嘘でした。

つまり、リバイタラッシュを使っても、失明することなんでまず無いんですね。

この噂の元凶は、まつげ育成成分として含まれている、ビマトプロストにあるそうなんです。なんでも、このビマトプロストこそが、目の充血や痒みなどの副作用の原因でもあるので、その延長線上で失明まで囁かれるようになったのだとか。

もちろん、ビマトプロストは元々、緑内障の治療薬として使われていた成分であるため、そんな可能性は1ミリたりともありません。

こうして見ると、リバイタラッシュはとんだとばっちりを食ったことになりますね。しかし、なぜ数あるビマトプロスト系まつげ美容液の中でも、リバイタラッシュだけがそのように言われてしまったのでしょうか?

それは、リバイタラッシュが大きく改良された経緯があるからです。また、商品名も、リバイタラッシュからリバイタラッシュアドバンスに変わったそうです。つまり、成分に何か不味い部分があったから改良された、と勘違いする人がいたんですね。

まあ、仕方の無い誤解とも捉えられますが、実際に、これだけ日本で利用されている方が多い事も踏まえると、そこまで危険とは考えられませんが、個人輸入という形になる場合も含めて自己責任である以上色々と注意する意識は持っておくべきなのもかもしれません。

特に偽造品などが出回っているので、そうしたリスクを避ける為にも、正規品をしっかり証明してくれるところでの購入に限りたいものですね。