ルミガンは効果が副作用!?

緑内障の副作用がルミガンのきっかけ

ルミガンは、まつ毛の育毛剤として日本でも大分浸透しているそうです。

実際には、まつ毛美容液とも言われるので、まつ毛を美しく保つものとイメージする人も多いそうですが、実際は、まつ毛の本数を増やしてくれるのだとか。つまり、育毛剤のまつ毛バージョンという感じですね。

しかし、どうしてルミガンはまつ毛を生やすことができるのでしょうか?

それは、主成分であるビマトプロストに、まつ毛を作り出す皮膚下の毛母細胞を刺激する効果があるからだとわかります。そのため、まつ毛の生え際に塗り続ければ、徐々にまつ毛が生えてくるとのことでした。

ちなみに、ビマトプロストは元々、ある病気の治療薬として使われていたそうです。

その病気とは、緑内障。なんでも、緑内障治療でビマトプロストの点眼薬を使っていたところ、副作用でまつ毛が伸びたという人が続出したのだとか。つまり、ルミガンのまつ毛育成効果は、副作用だったんですね。

副作用と言えば、体に良くない症状というイメージだったので、これは意外でした。ただ、元々は点眼薬だからと言って、目に入ると痒みや充血などの症状が出るおそれがある関係上、ルミガンが目に入る程たっぷり塗るのはあまり推奨されないそうです。

使用する場合は、くれぐれも慎重になり、少量を続けるのが大事です。