ルミガンを長期使用すると…

目尻に色素沈着が起こることもあるので

ルミガンを使えば理想のまつ毛を手に入れられる、と言った謳い文句というか、実際にそうした事を実感している使用者の方もよく見かけますが、それにはやはり相当の時間がかかるそうです。

年単位なんていうのはザラで、理想のまつ毛になった後も、その状態をキープするために、毎日とまではいかなくても、2~3日に1回は塗り続けなければいけないのだとか。

となると、まつ毛を本気でケアしたいなら、長期間どころか一生使い続けることになるんですね。

しかし、ルミガンには、そうした長期間使用に伴う副作用があります。
それは、目尻の色素沈着。なぜ、まつ毛を伸ばすためのルミガンを使って、シミができてしまうのでしょうか?

それは、ルミガンのまつ毛育成成分であるビマトプロストが、同時に色素沈着を引き起こす化学物質でもあるからです。

そのため、色素沈着のリスク無しに、ルミガンを使うということは、まず不可能とのことでした。では、せめて色素沈着のリスクは軽減することはできないのでしょうか?

そのために大事なのは、とにかくルミガンが触れる部分を、まつ毛の生え際に抑えることみたいです。

つまり、目尻に垂れないよう、塗布する量を必要最小限に抑えつつ、もし目尻に付着したらすぐふき取るようにするんです。そのため、手先が器用じゃないと最初は結構苦労するそうです。

人によっては、アイシャドーを使わなくても良くなったと前向きに解釈している場合もあるそうですよ。