医薬品と美容液の違い

ビマトプロストはFDA、国内両方で認可されている成分

まつ毛の美容液を販売しているサイトの情報に、誤解を招くものがありました。
それは、まつ毛美容液の中にビマトプロストが含まれていて、それが、失明と関係あるというような表現です。

そもそも、ビマトプロストは緑内障の治療薬として使われていたもので、目薬のように点眼するという使用が可能な薬です。直接目に使用する薬に、失明の危険性があるというのは誤解を招く表現でしかありません。


グラッシュビスタは、まつ毛美容液ではなくまつ毛育毛の医薬品です。
FDA(アメリカ食品医薬品局)から正式に医薬品として承認されています。


ジャンマリーニやリバイタラッシュというまつ毛美容液に、ビマトプロストが含まれているということが問題になったそうですが、それは、アラガン社が特許を取得しているビマトプロストが、無許可で含まれていたからということだと思います。

また、女性セブンの情報によると、「アメリカ製(JMSR社)の「AgeInterventionEyelash」というまつ毛美容液が失明の恐れがあるとし、回収指令が下った」という内容のものだったようなので、ビマトプロストやこれらの美容液に関しての情報は関係ないのにも関わらず、憶測で失明の危険性があると書いているようです。

ルミガンやラティッセ、ケアプロストに含まれるビマトプロストは、FDAから正式認可された成分であり、十分な臨床試験が繰り返されて製品化されています。また、過去に失明したという報告は一切ありません。

一方、まつ毛美容液の中には、育毛効果が認められていない成分が数多く含まれている場合、製造元もはっきりしていない類似品が多く出回っている場合、または、容器のフタにアプリケーターが付いているものもあり衛生的に良くありません。

アラガン社から正規ルートを経由して販売されている輸入代理店を経由することで購入することができます。薬の特許を持っている製薬メーカーから直接仕入れるということは、安心に繋がります。