色素沈着を防ぐにはワセリンが良い?

ワセリンの活用で皮膚を保護

ルミガンは、高い人気の反面、ちょっと困った点があるそうです。
なんでも、付着した皮膚の部分に色素沈着ができてしまうのだとか。

具体的には、まつ毛の生え際や、そこに塗った際によく垂れて溜まる、目尻などにできるそうです。まつ毛美容液という認識も多く、日常的に使用される事の多いルミガンで、なぜ色素沈着ができるのでしょうか?

それは、ルミガンに配合されている主成分であるビマトプロストの特性と言えます。ビマトプロストによってメラニン色素の働きが活性化される事とまつ毛の育毛が関わっているので、大なり小なり色素沈着が起ってしまうようです。

となると、ルミガンによるまつ毛育成効果を期待するなら、色素沈着という副作用を同時に覚悟しなければいけないんですね。ただ、色素沈着は、一度出来ると早々治るものではありませんから、なるべく避けたいところです。

気になる場合は、色素沈着が無くなるまで使用を中断した方が良いそうです。
まつ毛の生え際なら、まつ毛のボリュームアップで隠せますが、目尻にできたら困りますから。

それでも、ルミガンが目尻に垂れないようにするのは、かなり難しいと思います。絶対、まつ毛の生え際から伝って行ってしまうと思いますから。

そこで、何か対応策はないか探してみたところ、ワセリンが良いそうです。
確かに、これを予め塗っておけば、ルミガンが目尻に垂れてもワセリンが弾いてくれるので、皮膚に触れることはないから安心かもしれませんね。